歴史 | 新しい出会いを求める為に街コンに参加してまずはメル友から

歴史

出会い系の隆盛は、携帯でのインターネット回線が普及した2000年ごろから本格的になりはじめる。
その原因としては、携帯電話が国民に普及し、多くの人がインターネットに手軽にアクセスできたからである。

また、この頃に多くの出会い系のサイトが乱立し、中には、サクラと呼ばれる存在しない女性を演じる者も出てきた。
更に、若年層の参入も広がり、若年層の援助交際や、犯罪なども発生するようになった。

中には、サイトの中の女性は、すべてサクラと呼ばれる存在が占めるサイトも存在した。

2003年に施行された、「出会い系サイト規制法」が改正され、出会い系を利用する人間に対しては、年齢確認が厳しいチェックをするようになった。
また、悪質なサクラ行為を行う、出会い系のサクラ業者も摘発されるようになった。

現在では、出会い系サイトを運営している者は、方針を転換し、従来の1対1の出会い方法よりも、よりSNS的な、1対多数というような方法をとっている。
これにより、今までの閉じた関係性から、開けた関係性になり、透明性が増し、結果として犯罪の抑止に繋がっている。

出会い系サイトでは、無料の所と有料の所が存在する。

無料のサイトには、男性が非常に多く、逆に女性が少ないといった、ミスマッチな状況になっている場合がある。
有料のサイトには、無料のサイトと比べて、使えるサービスが多い場合があり、また、セキュリティやプライバシーも、無料のサイトと比べて、保護されていることもある。

また、無料サイトの場合、広告メールが多く送られてくることもある。