どんな性格がFXに向いているのかを紹介するサイト

>

一貫性があり、よく調査する

自分が決めたルールを守る

一貫性がある人は、FXに向いています。
つまり、自分で決めた取引のルールを守ることが、FXでは重要なのです。
もちろん、間違っているルールは修正することが必要でしょう。
しかし、FX取引は不確実性が高い取引です。
入手しうる情報のもと、最も合理的な判断を下したとしても、損失を出す可能性があります。
そうした不確実性がもたらす失敗に応じていちいちルールを変更していると、本当に自分のルールが正しいかを検証できません。
また、むやみにルールを変更すると、もっと悪いルールを採用してしまう場合もあります。
ですから、ある程度の期間は一貫したルールを採用してその成否を問う必要があります。
あまりころころとルールを変更しないで、自分のルールを一貫して守る姿勢が必要なのです。

良く調べる

好奇心が旺盛な人や、調査好きな人は、FXに向いています。
外貨の値動きは、相場を見るだけではわからないこともあります。
もちろん、チャートは様々なことを教えてくれます。
しかし、値動きの根本的要因は、社会的、経済的な出来事をみなければ、やはりわかりません。
為替相場が動くような起きる気配はないか、新聞やニュースなどで情報を収集することは、面倒ではありますが役に立ちます。
また、ニュースから将来の動きをある程度推測できるような基礎知識も重要です。
そのため、経済の本を読んだり、内容が固めの経済新聞、さらには外国の経済系の新聞を読んだりすることもたいして苦にならないような好奇心旺盛な人が、FXに向いていると言えます。


この記事をシェアする