どんな性格がFXに向いているのかを紹介するサイト

>

FXに向いているのはどんな性格?

ひとつのことを気にしすぎない

FX取引に向いている人は、あまり一つのことをいつまでも気にしない性格をもっている傾向にあります。
FX取引には、不確実性が伴います。
百発百中で儲かる方法などありません。
どんな名人でも、時には損失を出すこともあるのです。

FXに向いていない人は、こうしたたった一回の失敗に気を奪われて、安定した取引態度を崩してしまったり、取り返そうと必死になってしまったりします。
このようにして冷静な態度を失ってしまうと、損失は膨らむばかりです。
そういう人は、FXはやめてもっと安全な資産運用法を検討すべきでしょう。

一方、FXに向いている人は、ある取引で失敗してもそれに気を悩ますことはありません。
「仕方ない、そんなこともある」と考えて、気持ちをすんなり切り替えます。
短期間の成功失敗ではなく、長い目で見て収益を得ることを考えているのです。
こうした人は、一度損失を出しても、ずぶずぶと底なし沼に陥ることはありません。

一発逆転を狙わない

よいFXトレーダーは、現実的です。
一発当てて、仕事をやめて遊んで暮らそうなどと考えている人は、ほとんどの場合成功しません。
そうした幻想を抱いている人は、取引が雑になりがちです。
たとえば、資金の大部分を一つの取引につぎ込んでしまって、大金を失ってしまうのです。
もちろん、その一点張りが大当たりすることもまれにありますが、ろくに調査もしないでそうしたあたりを引ける確率は極めて低いものです。

現実的なトレーダーは、一発逆転を狙いません。
複数の取引にリスクを分散させて、比較的安定した収益を目指します。
夢がないと思われるかもしれませんが、パソコンの前でお金を動かすだけでお金を増やせると考えれば、十分素晴らしいではありませんか。


この記事をシェアする