FX投資に向いている人の性格・特徴

どんな性格がFXに向いているのかを紹介するサイト

「ひとつ」「一回」に固執しない

お金を稼ぐ手段は、会社や役所で働いたり、自分で事業を起こすことだけではありません。
投資という手段があります。

投資と聞くと、なにか胡散臭い、危険だと思われるかもしれません。
しかし、多くの人が行っている、現金を所持したり預金したりすることも、実はリスクのあることなのです。
というのも、通貨の価値は変動するからです。
ある通貨でインフレが起きれば、その通貨の価値は減少してしまいます。
つまりは、ただ大切に持っていただけなのに、財産の価値が減ってしまうことがあるのです。

そこで、ある通貨だけで財産を持つのではなく、ほかの形でも財産を保管し、リスクを分散させることが、現実味を帯びた選択肢として浮上してきます。
「ほかの形で財産を保管する」とは、具体的には、株や社債、国債などです。
加えて、円でなく、ほかの国の通貨で財産を保有するという選択もあります。

複数の通貨を「両替」する取引は、FXと呼ばれます。
うまくすれば、「両替」を繰り返すだけで、利益を得ることができます。
なぜならば、通貨間の交換のレート(為替レートと呼ばれます)は刻々と変化しているからです。
たとえば、ある日には1ドル=100円だったのに、次の日には1ドル=102円になるといったことです。
これを利用して、円をドルに換えたりドルを円に換えたりすれば、利益を得ることができます。

しかし、FXにはリスクがあります。
全財産を失ってしまう人も、まれにいます。
そういう人は、たいていFXに向いていない性格の人です。
またしかし、適性のある性格の人が、適切にFXをすれば、損失を抑えることは可能ですし、利益を得ることもできます。
このサイトでは、読者の皆様がFXをはじめるかどうかの判断指標を与えるために、FXに向いている性格はどんなものか、紹介していきます。